ティジャーニー教団(読み)ティジャーニーきょうだん

世界大百科事典 第2版の解説

ティジャーニーきょうだん【ティジャーニー教団】

ティジャーニーTijānī(1737‐1815)を創立者とするイスラム神秘主義教団(タリーカ)。ティジャーニーはベルベル人で,当初ハルワティー教団に属していたが,18世紀末に新しくティジャーニー教団を創設し,教団はモロッコ,アルジェリア方面などに広がった。北アフリカにおけるこの教団は,19世紀にフランスの植民地支配のもとでは概して穏健で妥協的態度をとった。しかし,ティジャーニーの弟子でセネガル人であるハジ・ウマルは19世紀中ごろに,この教団をナイジェリア,ギニア,マリ,コートジボアールなどの西アフリカの各地に広めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のティジャーニー教団の言及

【ハジ・ウマル】より

…西アフリカ,セネガル川上流,フータ・トロ地方に生まれたイスラム改革指導者で,1848年から97年まで続いたトゥクロール帝国の建設者。ティジャーニー教団の厳格なイスラム教義を学び,23歳の時にメッカ巡礼に旅立ち,現ナイジェリア北西部のフラニ王国のムハンマド・ベロ王の娘を嫁にもらった。メッカでは,ティジャーニー教団からブラック・アフリカのカリフとして指名された。…

※「ティジャーニー教団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android