コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティチーノ州 ティチーノTicino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティチーノ〔州〕
ティチーノ
Ticino

ドイツ語ではテッシーン Tessin,フランス語ではテッサン Tessin。スイス南部で,イタリア領に楔形に突出した州。州都ベリンツォーナ。州域の大部分は,アルピレポンティネにけわしい谷を刻んで南西のマッジョーレ湖に注ぐ,ティチーノ,マッジャ,ベルツァスカの3つの川の流域にある。住民の約9割はカトリックでイタリア語を話す。土地の4分の3は農林業に利用可能とされるが,氷河もある。北部の山岳地方では牧畜,気候温暖な南部ではブドウ,コムギ,ジャガイモ,タバコ,野菜の栽培が行われる。水力発電が盛んで,国外へも送電されている。おもな都市は州都のほか,観光都市として知られるルガーノロカルノで,1878年まではこの3市が交代で州都となっていた。面積 2811km2。人口 28万 6725 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ティチーノ州の関連キーワードベリンツォーナ旧市街にある3つの城、要塞及び城壁ゴタルド・ベーストンネルカンピオーネディタリアサンサルバトーレ山サンゴッタルド峠サン・ゴタルド峠スイス史(年表)アスコーナルガノ湖ズントールガノボッタ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android