コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティネット島 ティネットトウ

デジタル大辞泉の解説

ティネット‐とう〔‐タウ〕【ティネット島】

Tinetto》イタリア北西部、リグリア州の町ポルトベネーレの沖合に浮かぶ三つの小島の一。スペツィア湾の西の外れに位置する。6世紀頃に建てられたという祈祷所の遺跡のほか、11世紀頃の聖堂と修道士の住居の遺跡がある。1997年に「ポルトベネーレ、チンクエテッレ及び小島群(パルマリアティーノ及びティネット島)」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ティネット島の関連キーワードポルトヴェネーレ、チンクエモンテロッソアルマーレリオマッジョーレコルニーリアベルナッツァパルマリア島リグリア州ティーノ島マナローラ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android