ティートマール(英語表記)Thietmar

世界大百科事典 第2版の解説

ティートマール【Thietmar】

975‐1018
ドイツの聖職者,年代記作家。ディートマールDietmarともいう。ヘルムシュテットに中心所領をもつ名門ワルベック伯家に生まれ,幼年時代はクウェードリンブルクの,長じてはマクデブルク司教座聖堂で養育された。特に後者では当代一流の教育を受け,1000年ころそこの聖堂参事会員となり,4年後は司祭叙階され,09年にはメルゼブルク司教に任ぜられた。彼の筆になる《年代記》はザクセン王朝の対スラブ政策についてのいきいきとした豊かな証言となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android