コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テウトニ族 テウトニぞくTeutones

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テウトニ族
テウトニぞく
Teutones

ユトラント半島を原住地としたインド=ヨーロッパ語族の一派。おそらくゲルマン。人口増加のため前2世紀頃から南下し,キンブリ族などと同盟を結び,北アルプス地方を越えてガリア南部に侵入し,ローマ軍と衝突した。前 103年には南下をやめて北ガリアに侵入。前 102年キンブリ族と分れ,再度イタリア侵入を試みたが,前 101年ローマの将軍 G.マリウスにアクアエ・セクスチア (現エクサンプロバンス付近) で敗れた。一部はガリア北部に定住。現在ヨーロッパのゲルマン系諸民族とその言語を彼らにちなんでチュートンと称することもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のテウトニ族の言及

【ゲルマン人】より

…言語系統としては,ケルト人やイタリキと親近関係にあるともされている。ゲルマンという呼称の由来は不詳であるが,この語が文献上最初にあらわれるのは,前80年ころ,ギリシアの歴史記述家ポセイドニオスが,前2世紀末におけるゲルマンの小部族,キンブリ族Cimbriとテウトニ族Teutoniのガリアへの侵寇を叙述した記録においてである。もっともそれ以前,前4世紀の末に,マッシリア(マルセイユ)にいたギリシア人航海者ピュテアスが,ノルウェーやユトランド半島に出向いた際の記録の一部が残っているが,そこではまだそこに住んでいた民族について,ゲルマンという呼称は使われていない。…

※「テウトニ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テウトニ族の関連キーワードユトラント半島ゲルマン人カツルス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android