コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結び ムスビ

デジタル大辞泉の解説

むすび【結び】

ひも状のものを結ぶこと。また、結んだ部分。「結びがゆるい」「男結び
人と人とを関係づけること。縁を結ぶこと。「結びの神」「縁結び
文章や相撲の取り組みなどの、終わり。結末。「結びの言葉」「結びの大一番」
握り飯。おむすび。
係り結びで、係助詞に応じて語尾を変化させた文末の活用語。→係り結び
和集合(わしゅうごう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

結び【むすび】

縄,(ひも)等をつないだり締めたりすること,またその結び目こぶを作って結ぶひとえ結び,8字結び等の〈結節〉,両端を結び合わせるま結び,男結び,はた結び,てぐす結び等の〈結合〉,杭(くい)にくくりつけたりする場合のもやい結び等の〈結着〉,紐の中ほどで長さを縮める〈結縮〉,装飾用の〈文様〉等に大別される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むすび【結び】

紐状の材料を使い,その先端をさまざまな方向にくぐらせて引き締める技法人間はこの技法を習得して初めて,物を束ねたり,結び合わせたりすることができるようになった。これは人間が習得した最初の,そして他の動物を文化的に引き離す基礎となった技術の一つといえよう。たとえば,石と木とをかずらやつるでしばりつける方法を考えついたことによって,石の穂先とその力を効果的にする柄(え)とを組み合わせて石槍もり),弓矢などの道具をつくり出した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むすび【結び】

結ぶこと。また、結び目。 「蝶ちよう-」
人と人とが交わりをもつこと。 「 -の杯さかずき
しめくくること。最後。終わり。 「 -の一番」 「 -の言葉」
握り固めた飯。にぎり飯。おむすび。むすび飯。
文法で、係りの語に呼応して文を終わらせる語形をいう。 → 係り結び
〘数〙 二個または二個以上の集合について、そのうちの少なくともどれか一つの集合に属する要素全体から成る集合。合併集合。和集合。 ↔ 交わり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

結びの関連キーワード細結び・小間結びボウラインノットプレーンノットロープワーク文庫(服装)引っ掛け帯ボウライン天蚕糸結び8の字結び肉体関係同心結び蝶蝶結び糸遊結び太鼓結び吉弥結びラバリエ鈴虫結び玉章結び竹の灯火化学結合

結びの関連情報