テオノエソ(読み)ておのえそ

日本大百科全書(ニッポニカ)「テオノエソ」の解説

テオノエソ
ておのえそ / 手斧狗母魚
[学] Argyropelecus sladeni

硬骨魚綱サケ目ムネエソ科に属する海水魚。太平洋と大西洋の熱帯から亜熱帯深海に生息する。全長7センチメートル内外。体高が高くて著しく側扁(そくへん)し、尾柄(びへい)が細いので、手斧(ておの)に見立てて名づけられた。目は短管状で上方を向き、体側に多数の発光器をもつのが特徴。腹部上部、臀(しり)びれ前部、臀びれ基底部、尾柄下部の発光器はそれぞれ密集して配列され、ほかの発光器は体側に点在する。

[上野輝彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android