コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テクノニミー teknonymy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テクノニミー
teknonymy

E.タイラーギリシア語の teknon (子供) と onoma (名前) からつくった社会人類学術語。子供をもつ夫婦がその固有名の代りにその子供 (普通性別は問わない) の名前に結びつけて呼ばれる慣行をいう。たとえば,ある人はAという名前で呼ばれているが,Bという子供ができてからは「Bのお父さん」「Bのお母さん」と呼ばれる。したがって夫婦の固有名は次第に忘れられ,子供の名前を言わなければ本人がわからないという結果が生じることもある。テクノニミーの顕著な例の一つは,インドネシアのバリ島民にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android