コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テクノロジー・ノード てくのろじーのーどtechnology node

知恵蔵の解説

テクノロジー・ノード

集積回路の製造技術の世代。シリコン集積回路は微細化された配線で作られており、最先端の技術を示すために、例えば「65nm(n〈ナノ〉は10億分の1)プロセス」というような表現が用いられる。しかし、実際には最小線幅はこれより狭いこともあり、同じような世代の技術なのに、会社によって呼び方が異なり混乱が生じた。そこで、ある製造技術をDRAMに適用したときの隣接する金属配線の中心距離の半分、つまりメタル・ハーフピッチを基準にして、製造技術の世代を定義しようという提案が国際半導体技術ロードマップ委員会より出され、テクノロジー・ノードと呼ばれている。最先端は65nmノード、次の世代は45nmノードと呼ばれる。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android