テケリア(英語表記)Sava Tekelija

世界大百科事典 第2版の解説

テケリア【Sava Tekelija】

1761‐1842
ユーゴスラビアの社会事業家。法律家であったが,ボイボディナ地方のセルビア人の解放・教化に一生を捧げた。1838年,莫大な不動産をもとにブダ(現,ブダペスト)に財団〈テケリアヌム〉を設立,大学へ延べ300人の青年を送った。財団の管理は当地の文化団体〈マティツァ・スルプスカ〉が当たったが,78年からはセルビア正教会が代わり,第1次大戦後に活動を停止した。豊富な蔵書は第2次大戦前ノビ・サドに移転された。【田中 一生】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android