コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テケリア Sava Tekelija

世界大百科事典 第2版の解説

テケリア【Sava Tekelija】

1761‐1842
ユーゴスラビアの社会事業家。法律家であったが,ボイボディナ地方のセルビア人の解放・教化に一生を捧げた。1838年,莫大な不動産をもとにブダ(現,ブダペスト)に財団〈テケリアヌム〉を設立,大学へ延べ300人の青年を送った。財団の管理は当地の文化団体〈マティツァ・スルプスカ〉が当たったが,78年からはセルビア正教会が代わり,第1次大戦後に活動を停止した。豊富な蔵書は第2次大戦前ノビ・サドに移転された。【田中 一生】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

テケリアの関連キーワード産業革命史(年表)ゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)シャルルボアシュパンベルグスパンベルグラモーの甥北尾派バーラージー・バージー・ラーオ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android