コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テッサロニカ公国 テッサロニカこうこくThessalonica; the Principality of Thessalonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テッサロニカ公国
テッサロニカこうこく
Thessalonica; the Principality of Thessalonica

1204年5月のビザンチン帝国没落後にできたラテン帝国支配下の封建公国 (1204~24) 。モンフェラートのボンファツ公を王とし,ギリシアのテッサロニカ (現セサロニキ) が首都で,隣接のマケドニアとテッサリアを支配した。 24年末ギリシアの分離独立国家エピルスの王テオドルス・アンゲルスにより滅ぼされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テッサロニカ公国の関連キーワード元久ラテン帝国アレクシウス5世ビザンティン帝国テオドロス[1世]トレビゾンド帝国建仁アンゲルス朝クーリンテオドルス1世

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android