コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクシウス5世 アレクシウスごせいAlexius V Ducas Murtzuphlus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクシウス5世
アレクシウスごせい
Alexius V Ducas Murtzuphlus

[生]?
[没]1204. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 1204) 。アレクシウス3世の婿。十字軍による傀儡 (かいらい) 政権の主イサキウス2世とアレクシウス4世を反乱により殺害,代って登位。 1204年4月 12日ベネチア総督ダンドーロ,フランドルのボードアン王らの十字軍による総攻撃にあい首都コンスタンチノープルは陥落。その際逃亡したが捕えられ,アレクシウス4世殺しとして死刑に処せられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アレクシウス5世の関連キーワードビザンチン帝国アンゲルス朝ドゥカス朝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android