コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラテン帝国 ラテンていこく Latin Empire

6件 の用語解説(ラテン帝国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラテン帝国
ラテンていこく
Latin Empire

1204年,第4次十字軍ビザンチン帝国の首都コンスタンチノープルを占領したあと,この地に建てられた王国。フランドル出身のボードアン1世に始まり,ボードアン2世にいたるまで 6人の西ヨーロッパの王侯を数えたが,1261年8月15日ニカイア帝国亡命政権 (ビザンチン) のミカエル8世の奪回により終息。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラテン‐ていこく【ラテン帝国】

1204年、第4回十字軍東ローマ帝国の首都コンスタンチノープルを占領して建てた国。フランドル伯ボードアンを初代皇帝としたが、1261年、東ローマ帝国に滅ぼされた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラテン帝国【ラテンていこく】

1204年第4回十字軍がコンスタンティノープルを占領,フランドル伯ボードアンを初代皇帝として創建した帝国。東方貿易の権利獲得をめざしたベネチア商人の示唆によるもので,十字軍本来の目的を逸脱してビザンティン帝国を一時滅亡させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラテンていこく【ラテン帝国】

第4回十字軍ベネチアが,〈ローマニア(ビザンティン帝国支配領域)分割協定〉(1204年3月)に基づき,コンスタンティノープル攻略(1204年4月)後に合作した国家。同協定の定める皇帝選考委員会(ベネチア側,騎士側それぞれ6名から成る)は,自ら従軍したベネチア総督ダンドロEnrico Dandoloの筋書どおり,十字軍指導者のモンフェルラート辺境伯ボニファチオBonifacioをさしおいて,フランドル伯ボードアンBeaudouinを選び,後者は,皇帝を出さなかったベネチア側から選ばれたコンスタンティノープル・ラテン総主教モロシニTomaso Morosini(ベネチア貴族出の修道士)により,アヤ・ソフィア教会でボードアン1世(在位1204‐05。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ラテンていこく【ラテン帝国】

ベネチア人の要求により、第四回十字軍がコンスタンチノープルを陥落させ、ビザンツ帝国領内に建設した国(1204~1261)。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラテン帝国
らてんていこく
Empire Latin de Constantinopleフランス語

フランス人とベネチア人を主力とする第4回十字軍が1204年ビザンティン帝国の内紛に干渉し、コンスタンティノープルを占領して創設した西欧型封建制国家。テッサロニキギリシア本土(アテネ公領、アカイア公領)、エーゲ海島嶼(とうしょ)、小アジア西部を領土とした。フランス人とベネチア人は征服前の分割協定により、初代の「皇帝にしてローマ人の支配者」にボードアン1世Baudouin (在位1204~05。フランドル伯としては9世)を推挙し、その取り分を除く全征服地の4分の3を折半して、おのおの陪臣に封土として分与したが、政情はつねに不安定で国境を接するブルガリアとエピルスから干渉、反撃が絶えなかった。また、ギリシア正教徒の現地住民は、ローマ・カトリック教会に反感を抱き、社会的荒廃を招いた。1261年、ニカイア皇帝ミハイル8世Michael (在位1259~82)の軍隊と民衆蜂起(ほうき)により首都を奪回され、ビザンティン帝国が復興した。最後のラテン皇帝ボードアン2世(在位1228~61)はイタリアに亡命した。[橋口倫介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラテン帝国の言及

【十字軍】より


[中期十字軍]
 西欧側は臨時首都アッコを中心として,エルサレムなき残存領土の維持に努める一方,シリア・パレスティナの外周地域で間接的作戦を行いつつ,外交手段をもってエルサレム奪回を企てた。その間に起こったキプロス王国成立(1192),いわゆる〈方向転換十字軍〉という悪評の高い第4回十字軍(1202‐05)によるギリシアのラテン帝国創設(1204),第5回十字軍末期のカイロ攻撃失敗(1221)などはいずれもその実例である。また1228‐29年には親イスラム的な神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世が教皇から破門をうけた身で聖地に渡り,アイユーブ朝の第5代スルタン,カーミルとの友好関係を利用して〈無血十字軍〉により一時エルサレムの返還を勝ちとった。…

【ベネチア】より

…十字軍の遠征はベネチアに大きな利益をもたらした。とくに1204年の総督エンリコ・ダンドロの指揮する第4回十字軍は,聖戦を逸脱してコンスタンティノープルを攻略し,ベネチアのかいらい政権であるラテン帝国を創設した。当時ベネチアでは,コンスタンティノープルへの遷都について真剣に議論されたほどである。…

※「ラテン帝国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラテン帝国の関連キーワードザダルビルアルドゥアンベネチア・ビエンナーレベネチア楽派ベネチアガラスフリウリベネチアジュリアベネチア映画祭ベネチア宮殿ベネチアングラスリド島

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone