コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テト休戦 テトきゅうせんTet ceasefire

1件 の用語解説(テト休戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テト休戦
テトきゅうせん
Tet ceasefire

ベトナム戦争で,旧正月に行われた自発的な短期休戦。テトとは旧暦の 12月 29日から1月3日までの旧正月のことで,国民は盛大にこれを祝う。ベトナム人の交戦双方はいずれか一方がテト期間中の自発的休戦を提唱し,他方がこれにこたえて自己の休戦期間を公表し,双方が事実上の休戦を実行していた。明白な最初のテト休戦は 1966年である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone