コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧正月 キュウショウガツ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐しょうがつ〔キウシヤウグワツ〕【旧正月】

陰暦正月 春》「道ばたに―の人立てる/草田男

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうしょうがつ【旧正月】

陰暦の正月。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旧正月
きゅうしょうがつ

旧暦(太陰暦)の正月。1872年(明治5)政府は太陽暦を採用し、従来の太陰暦(正確には太陰太陽暦)を廃止したから、従来の暦は暦とよばれるようになった。その際、東京・滋賀などわずかの例を除き、正月や盆をはじめとする民俗的な年中行事は、大半旧暦で行われ続けた。年中行事は年間の生産労働の営みと密接な関係があったからである。ことに正月行事は、大正月(おおしょうがつ)(元旦(がんたん)中心)・小正月(こしょうがつ)(15日中心)の区別もあり、内容が多岐にわたる民俗行事であったから、容易に新暦に移行することはできず、旧暦の正月(旧正月とよばれた)が各地に長く維持され、長い年月の経過のうちにしだいに移行するほかなかった。過渡的に1か月遅れ(月送りともいう)の正月行事を続けていた土地も多い。[萩原龍夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

旧正月の関連キーワードシンガポールのチャイニーズニューイヤー香港のフラワーマーケットチャイニーズニューイヤーチェンマイのソンクランミハイル ロシチン旧正月大花火大会伊豫豆比古命神社旺角の騒乱事件国栖(奈良県)ギョーザの日トカラ田いも板橋の田遊びフォーン寺香港の花市きやのしるソンカーン中台直行便関渡媽祖宮岩井温泉アオザイ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧正月の関連情報