コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テヘラン考古学博物館 テヘランこうこがくはくぶつかんIran Bastan Museum,Teheran

世界大百科事典 第2版の解説

テヘランこうこがくはくぶつかん【テヘラン考古学博物館 Iran Bastan Museum,Teheran】

イランの首都テヘランの官庁街の一角にある同国最古,最大の博物館。1930年ころ,フランスの都市計画家・考古学者ゴダールAndré Godard(1881‐1965)を初代館長として開設。建物は煉瓦造の2階建てで,1階に先史時代からササン朝ペルシア時代,2階にイスラム時代の遺物が展示されている。このほか2階に,アルダビール廟旧蔵の中国磁器の大コレクション,マルリク,ジビエなどの先史時代墳墓から出土した黄金製品,銀製品,青銅器を収蔵展示した宝物室がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android