コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テヘラン考古学博物館 テヘランこうこがくはくぶつかん Iran Bastan Museum,Teheran

1件 の用語解説(テヘラン考古学博物館の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テヘランこうこがくはくぶつかん【テヘラン考古学博物館 Iran Bastan Museum,Teheran】

イランの首都テヘランの官庁街の一角にある同国最古,最大の博物館。1930年ころ,フランスの都市計画家・考古学者ゴダールAndré Godard(1881‐1965)を初代館長として開設。建物は煉瓦造の2階建てで,1階に先史時代からササン朝ペルシア時代,2階にイスラム時代の遺物が展示されている。このほか2階に,アルダビール廟旧蔵の中国磁器の大コレクションマルリクジビエなどの先史時代墳墓から出土した黄金製品,銀製品,青銅器を収蔵展示した宝物室がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テヘラン考古学博物館の関連キーワードイランダウニング街テヘランイランのクルドイランイランテヘラン会談NIOC官庁街テヘラン宣言イランの難民

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone