コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テペ・ガウラ遺跡 テペ・ガウラいせきTepe Gawra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テペ・ガウラ遺跡
テペ・ガウラいせき
Tepe Gawra

イラク北部,アルマウシルの北約 20kmにある先史時代のテル。 1931~38年に E.A.スパイザーらが発掘,ハラフ期に始ってバビロン第1王朝にいたる 20層の文化層を明らかにした。この遺跡は層位の移り変りをよく理解できるので,北メソポタミアにおけるウバイド期ウルク期の標準遺跡となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テペ・ガウラ遺跡の関連キーワード黒曜石

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android