コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テペ・シアルク遺跡 テペ・シアルクいせきTepe Sialk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テペ・シアルク遺跡
テペ・シアルクいせき
Tepe Sialk

イラン中央部のカーシャーン地方のシアルクにある先史時代の遺跡。南北2つのテルから成り,新石器時代末より青銅器時代初頭を経て鉄器時代にいたる6期が確認されている。また南丘に接して前 10世紀前後のものと考えられる墓域 (ネクロポリスA,B) が発掘され,彩文嘴壺などを含む数多くのすぐれた遺物が出土した。なお発掘は 1933,34,37年にフランスの R.ギルシュマンらが行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android