コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テペ・シアルク遺跡 テペ・シアルクいせきTepe Sialk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テペ・シアルク遺跡
テペ・シアルクいせき
Tepe Sialk

イラン中央部のカーシャーン地方のシアルクにある先史時代の遺跡。南北2つのテルから成り,新石器時代末より青銅器時代初頭を経て鉄器時代にいたる6期が確認されている。また南丘に接して前 10世紀前後のものと考えられる墓域 (ネクロポリスA,B) が発掘され,彩文嘴壺などを含む数多くのすぐれた遺物が出土した。なお発掘は 1933,34,37年にフランスの R.ギルシュマンらが行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android