コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テペ・ヒッサル遺跡 テペ・ヒッサルいせき Tepe Hissar

1件 の用語解説(テペ・ヒッサル遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テペ・ヒッサル遺跡
テペ・ヒッサルいせき
Tepe Hissar

イラン北部,セムナーン北東方にあるダームガーン付近の先史時代テル。 1925年に E.ヘルツフェルト,31~32年に E.シュミットらによって発掘された。文化層は3つに分けられる。I層の住居址は,日干し煉瓦造で,土器は台付き鉢,深鉢が多く,幾何学文,植物文,動物文を黒色の塗料で描いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テペ・ヒッサル遺跡の関連キーワードザルカラムサールペシャワールアスタラバードギャンジナーメサルエインナーディルシャー廟バンダレアンザリーブーアリーシーナー廟らあめん北斗

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone