コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テュケ テュケTychē

翻訳|Tychē

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テュケ
Tychē

ギリシア語で運や偶然など,合理的に予測できない要素をさし,やがて神格化されて女神となり,古い神々への信仰衰退とともに,世界をテュケの支配するものとみる傾向が強まり,ヘレニズム時代以後にはイシスなどの大女神とも同一視され,重要な神格となった。ローマではフォルトゥナと呼ばれ,しばしば盲目あるいは目隠しした姿で表わされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のテュケの言及

【フォルトゥナ】より

…古代ローマの運命の女神。ギリシアのテュケTychēと同一視された。本来は豊穣多産の女神であったが,しだいに〈幸運〉から〈運命〉の女神へと発展したもので,その名はラテン語のfero(〈もたらす〉の意)と同語源とされる。…

※「テュケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テュケの関連キーワードエウテュキデス[シキュオン]盗賊教会会議[エフェソス]クリュサフィウスネムルット・ダーカルケドン公会議ネムルットエウテュケス派キリスト単性説ディオスコロスフラビアヌスネムルトダウレオ[1世]盗賊教会会議ボエチウスギリシア語グノーシスレオ1世ウイグル宗教会議単性論

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android