盲目(読み)もうもく

精選版 日本国語大辞典「盲目」の解説

もう‐もく マウ‥【盲目】

〘名〙
① (━する) 目が見えないこと。また、その人。また、目が見えなくなること。
※徒然草(1331頃)二二六「この行長入道、平塚物語を作りて、生仏といひける目に教て語らせけり」 〔李商隠‐行次西郊詩〕
② (形動) 理性を失って、適切な分別・判断ができないこと。また、そのさま。
※灰燼(1911‐12)〈森鴎外〉一三「若し相原が盲目な膂力を持ってゐる昧者であったら〈略〉生憎相原は怜悧である」
③ 目視によらず、計器だけをたよりに運行・作動すること。「盲目飛行

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「盲目」の解説

もう‐もく〔マウ‐〕【盲目】

[名・形動]
目の見えないこと。
他のものが目に入らず、理性的な判断ができないこと。また、そのさま。「恋は盲目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「盲目」の解説

【盲目】もうもく

失明

字通「盲」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android