コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テリトリウム territorium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テリトリウム
territorium

一般には領土,領域を意味するが,ローマ帝国では特にキビタス周辺の支配地域をさし,後期帝国においてはこのテリトリウムが帝国による徴税の単位となった。ゲルマン地方では部族国家の下級単位をさし,中世後期以降はドイツでランデスヘル (領邦君主) が国家的主権を行使した地域をいい,これがやがて領邦国家となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のテリトリウムの言及

【領邦国家】より

…ふつう13世紀ごろ以後,神聖ローマ帝国,もしくはドイツ王国を構成する部分国家的な諸侯領(ラント),およびそれに準ずる帝国都市をさす。テリトリウムTerritoriumとも呼ばれる。したがって神聖ローマ帝国が解体する1806年までのそれらについて用いられるが,71年のドイツ統一期までのドイツ諸邦について用いられることもある。…

※「テリトリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android