コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テルニフィン遺跡 テルニフィンいせきTernifine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テルニフィン遺跡
テルニフィンいせき
Ternifine

アルジェリア,オラン県にある遺跡。マスカラ南東約 17kmにある。 1954~56年にフランスの人類学者 C.アランブールらによって,更新世中期の砂層からヒトの頭頂骨1,下顎骨3,および多数の歯が動物の化石骨や石器類とともに発見された。人骨はホモ・エレクトゥスに属し,アトラントロプス・マウリタニクスと命名された。3個の下顎骨のうち2個がほぼ完全に残っており,全体に高く,厚い。頭頂骨は低頭で,ピテカントロプスシナントロプスに近く,歯は形態的にシナントロプスに類似している。石器は片刃,両刃の石器,握槌,剥片などで,前期アシュール文化期に属するものと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android