コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトラントロプス Atlanthropus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトラントロプス
Atlanthropus

アルジェリアのテルニフィン遺跡でフランスの人類学者 C.アランブールによって発見された化石人類。3個の下顎骨と頭骨の破片がある。モロッコで発見された同種の化石にもこの名がつけられている。原人類に属すると考えられ,ホモ・エレクトゥス・マウリタニクス Homo erectus mauritanicusと呼ばれる。更新世中期の地層から,前期旧石器文化を伴って出土している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アトラントロプス【Atlanthropus】

アルジェリアのテルニフィヌ付近で1954‐55年に発見された,更新世中期はじめごろの化石人類。共伴石器はアシュール文化に属する。人骨化石は成人下顎骨3と未成年者の右頭頂骨1からなる。下顎骨は重厚で,おとがいはなく,I号とIII号には〈複おとがい孔〉がみられる。形態的特徴は北京原人のそれに近い。発見者アランブールC.Arambourgは新属新種としてアトラントロプス・マウリタニクスAtlanthropus mauritanicusと命名したが,最近では,ピテカントロプスやシナントロプスなどと同様,原人Homo erectusの一員と考えられるようになり,テルニフィヌ人Ternifine manと呼ばれることが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アトラントロプス
あとらんとろぷす
Atlanthropus

北アフリカ出土の原人。1954~1955年、アルジェリアのテルニフィーヌで3個の下顎骨(かがくこつ)と1片の頭頂骨が発見された。かなり頑丈な形態をしており、北京(ペキン)原人と通じるものがあるため、発見者のアランブールC. Arambourgは、発見地の南側に連なるアトラス山脈にちなんで、アトラントロプス・マウリタニクスと命名した。伴出した動物の骨から、前期カマシアン雨期のもので、更新世(洪積世)中期初頭に属すとみなされた。原始的な両面握斧(あくふ)、掻器(そうき)などアシュレアン前期の石器が多数随伴して発見された。なお、モロッコのカサブランカ付近で1933年に発見されたラバト人、1955年発見のカサブランカ人(シディ・アブデルラーマン)も同類とみられる。[香原志勢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アトラントロプスの関連キーワードカサブランカ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android