コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テル地方 テルちほうTell

翻訳|Tell

1件 の用語解説(テル地方の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テル地方
テルちほう
Tell

アフリカ大陸北部,アルジェリアチュニジア地中海沿岸地帯。現地語で「農耕に適した地域」をさし,「不毛の地」を意味するサハラに対照して用いられる。年降水量 600mmをこえる沿岸地域から,穀類の乾地農法の南限である半乾燥地域まで,海岸から 80~200kmの幅で東西に延び,全般的にテルアトラス (アトラステリエン) 山脈に続く丘陵地帯となっている。シェリフ川以外には長い川はないが,海岸に向けて多くの短い川が流れ,気候はしのぎやすい。前数世紀のフェニキア時代から開かれた歴史の古い地方で,ローマ,ビザンチン,アラブ時代の遺跡が多く,古代キリスト教揺籃の地でもあった。現在もアルジェリアの人口の大部分が集中し,主要都市と工業団地が立地するとともに,ダム,貯水池,用水路網により豊かな農業地帯となっており,麦類,オリーブ,ブドウ,イチジク,柑橘類,野菜などを産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone