コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレゴノス テレゴノス Telegonos

1件 の用語解説(テレゴノスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレゴノス
テレゴノス
Telegonos

ギリシア神話の人物。オデュッセウスキルケの子で,母の手でアイアイア島で育てられ,成人し素性を知ると,父に会おうとしてイタカに行き,知らずにオデュッセウスと戦って殺してしまい,そのあと未亡人となったペネロペイアとともに父の遺体を持ってキルケのもとに帰り,ペネロペイアと結婚した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のテレゴノスの言及

【オデュッセウス】より

…しかし彼の知謀を愛する女神アテナの援助により身ひとつで故国に帰還,成人した息子テレマコスと再会ののち,留守中ペネロペに言い寄っていた求婚者どもを退治して,妻と王位をわが手に取り戻した。ホメロス以後の伝承によれば,彼には放浪中に魔女キルケとの間にもうけたテレゴノスTēlegonosなる息子があったとされ,のちにこの息子が父を求めてイタケー島にやってきたとき,2人は親子と気づかぬまま闘い,父が子に殺されたという。トロイア戦争【水谷 智洋】。…

※「テレゴノス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テレゴノスの関連キーワードアイアスオデュッセイアオデュッセウスカリュプソキルケナウシカアギリシャ神話カリュプソー『イリアス』/『オデュッセイア』イターキ[島]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone