コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレゴノス テレゴノスTelegonos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレゴノス
Telegonos

ギリシア神話の人物。オデュッセウスキルケの子で,母の手でアイアイア島で育てられ,成人し素性を知ると,父に会おうとしてイタカに行き,知らずにオデュッセウスと戦って殺してしまい,そのあと未亡人となったペネロペイアとともに父の遺体を持ってキルケのもとに帰り,ペネロペイアと結婚した。キルケは2人を至福者の島に行かせて住わせ,この結婚からイタリアの名祖の英雄イタロスが生れたとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のテレゴノスの言及

【オデュッセウス】より

…しかし彼の知謀を愛する女神アテナの援助により身ひとつで故国に帰還,成人した息子テレマコスと再会ののち,留守中ペネロペに言い寄っていた求婚者どもを退治して,妻と王位をわが手に取り戻した。ホメロス以後の伝承によれば,彼には放浪中に魔女キルケとの間にもうけたテレゴノスTēlegonosなる息子があったとされ,のちにこの息子が父を求めてイタケー島にやってきたとき,2人は親子と気づかぬまま闘い,父が子に殺されたという。トロイア戦争【水谷 智洋】。…

※「テレゴノス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android