テレビ受像機(読み)テレビじゅぞうき

百科事典マイペディアの解説

テレビジョンの受信に用いられる装置。チューナーにより希望のテレビチャンネルを選び,受信した電波を中間周波数に変換,増幅した後,映像信号を音声信号と分離し,ブラウン管の蛍光面上に再生する。白黒用とカラー用がある。携帯用,壁掛用,また投写用のアイドホール等が開発されている。現在は地上アナログ,地上デジタル,BSデジタル,CSのチューナーを搭載しているものが多い。 近年は2003年からの地上デジタル放送開始と相まって,厚さ10cmほどの薄型テレビがブラウン管型テレビに代わって急成長している。現在の薄型テレビは液晶テレビとプラズマテレビが主流。→液晶ディスプレープラズマディスプレー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テレビ受像機の関連情報