テレホンカード(英語表記)telephone card

百科事典マイペディアの解説

テレホンカード

公衆電話を利用する際に,硬貨の代わりに料金の支払いができるカード。500円分の通話ができるものを50度数と表示し,2種類の券種がある。1982年に発売され,硬貨投入に伴う不便を解消するものとして急速に普及した。ヨーロッパではトークンと呼ばれる擬似コインの利用,米国ではクレジット・カード利用のそれぞれキャッシュレス方式が採用されている。
→関連項目プリペイド・カード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

テレホンカード

telephone+card〕
公衆電話で、硬貨の代わりに使用できる磁気カード。カードを購入することで、通信料金を先払いする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テレホンカードの関連情報