コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレーズ・ラカン Thérèse Raquin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレーズ・ラカン
Thérèse Raquin

フランスの小説家エミール・ゾラの小説。 1867年刊。フランス自然主義文学の代表作の一つ。情夫と共謀して夫を殺した女の運命を描く。 73年ゾラはみずからこの小説を脚色し,パリのルネサンス座で,自然主義演劇の実例として初演し,のちのアントアーヌなどの演劇運動に大きな影響を与えた。 1928年 J.フェデーによって映画化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テレーズ・ラカンの関連キーワードシアター・プロジェクト・東京デービッド ルボーボリス エイフマン自然主義(文芸)嘆きのテレーズJ. フェデーE. ドゥーゼ若村麻由美ドゥーゼフェデル

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android