テレーズ・ラカン(英語表記)Thérèse Raquin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレーズ・ラカン
Thérèse Raquin

フランスの小説家エミール・ゾラの小説。 1867年刊。フランス自然主義文学の代表作の一つ。情夫と共謀して夫を殺した女の運命を描く。 73年ゾラはみずからこの小説を脚色し,パリのルネサンス座で,自然主義演劇の実例として初演し,のちのアントアーヌなどの演劇運動に大きな影響を与えた。 1928年 J.フェデーによって映画化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android