情夫(読み)ジョウフ

大辞林 第三版の解説

じょうふ【情夫】

夫以外の愛人である男。いろおとこ。かくしおとこ。また、内縁関係にある男。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐ふ ジャウ‥【情夫】

〘名〙 正式の夫以外の愛人。いろおとこ。かくし男。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「若し、この自信、情夫(ジャウフ)にして、其延滞の方略をば適度に運用したらんには」
※帽子(1906)〈国木田独歩〉「彼が商用で旅行して居る留守に不義をして情夫(ジャウフ)と逃亡したといふ事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android