テーブルサンゴ(読み)てーぶるさんご(英語表記)table type coral

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テーブルサンゴ
てーぶるさんご
table type coral

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴ目ミドリイシ科Acropora属の種のうち、テーブル状の骨格をつくる種の総称。テーブルサンゴは外洋に面した外礁外縁に層状に大きな群落をつくることが多く、一般に褐色、緑褐色、緑色をしている。群体のすきまは小魚やイセエビ類の絶好の隠れ家となる。日本南部のテーブルサンゴは、クシハダミドリイシAcropora pectinataやエンタクミドリイシA. tumidaで代表される。[内田紘臣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android