コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーブル・カット table cut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テーブル・カット
table cut

宝石カット法の一種。カットされた宝石の最も広い部分をガードル,その上方の部分をクラウンというが,クラウンのなかでガードルと平行している広い平面をテーブルと呼び,このような平面を作り出すカット法をいう。ブリリアント・カットはテーブル・カットの複雑な変種といえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テーブル・カットの関連キーワードファセット・カット

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android