コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリリアント・カット ブリリアント・カット brilliant cut

2件 の用語解説(ブリリアント・カットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリリアント・カット
ブリリアント・カット
brilliant cut

ダイヤモンドの彫形 (カット) の代表的様式。ダイヤモンドの屈折率からみて,光の全反射と光の分散の点で理想的な面の関係になるように角度が決められている。ダイヤモンドのほか無色の宝石のカットにも広く用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブリリアント・カット

宝石のカットの名称。面の数の多いファセット・カットの一群の方式。17世紀の末ごろ考案され,現在ではラウンド・ブリリアントといわれるカットが一般的。これはふつう高さが直径の約60%になるようにカットされ,一番大きな上の面(テーブル面)以外に普通57の面を作る。
→関連項目ダイヤモンド宝石

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリリアント・カットの関連キーワードエメラルドカットラウンド・ブリリアントカットファセット物数ファットカスタムカット石径テクノカットマイクロカセットShare

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブリリアント・カットの関連情報