コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリリアント・カット brilliant cut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリリアント・カット
brilliant cut

ダイヤモンドの彫形 (カット) の代表的様式。ダイヤモンドの屈折率からみて,光の全反射と光の分散の点で理想的な面の関係になるように角度が決められている。ダイヤモンドのほか無色の宝石のカットにも広く用いられる。 17世紀末にベネチアペルッツィが考案した。初めいちばん幅の広いガードルは円でなかったが,研磨技術が進むにつれて円形になり,現在の 58面に落ち着いた。そのうち,ガードルの上に 33面,下に 25面が刻まれ,33面から成るクラウンの表面はガードルの面に対して約 35°,25面から成るパビリオンの表面は約 41°の角度をなしている。ブリリアント・カットの特徴は,四角形や長方形以外の形の組合せからできている点である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブリリアント・カット

宝石のカットの名称。面の数の多いファセット・カット一群の方式。17世紀の末ごろ考案され,現在ではラウンド・ブリリアントといわれるカットが一般的。これはふつう高さが直径の約60%になるようにカットされ,一番大きな上の面(テーブル面)以外に普通57の面を作る。
→関連項目ダイヤモンド宝石

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリリアント・カットの関連キーワードダイヤモンド(宝石)テーブル・カット指輪

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android