テームサイド(英語表記)Tameside

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テームサイド
Tameside

イギリスイングランド中北部,グレーターマンチェスター東部の地区。マンチェスターの東約 10km,マージー川の源流テーム川流域を占める。石炭採掘,帽子製造,綿織物が地区の伝統的な産業で,17世紀にさかのぼるデントンの帽子産業は,1920年頃には市の人口の約半数が従事する重要な産業に発展し,アシュトンアンダーラインの織物産業は,当初テーム川の水力を,のち地区内の石炭を利用した蒸気機関動力源として発達した。こうした伝統産業は 1920年代以降衰退し,1959年には最後の炭鉱が閉鎖された。今日では,食品加工,プラスチック,最先端技術など,さまざまな工業が経済を支えている。面積 103km2。人口 21万3700(2004推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android