ディアベリ変奏曲(読み)ディアベリへんそうきょく

世界大百科事典 第2版の解説

ディアベリへんそうきょく【ディアベリ変奏曲】

正式名称は《アントンディアベリワルツに基づくピアノのための33の変奏曲ハ長調》作品120(1823)。ベートーベンはピアノ用の変奏曲を多く作曲しているが,そのほとんどは1800年前後に集中している。2作品が1806‐09年に成立しているだけで,以後の中・後期ではこの変奏曲が唯一のものである。1819‐23年の間に,つまり大曲の《荘厳ミサ曲》《第九交響曲》と並行して作曲されている。この作品は楽譜出版社を営むディアベリAnton Diabelli(1781‐1858)がオーストリア在住の著名な作曲家たちに同一主題による変奏曲の競作を呼びかけた企画のもとに作曲されたもので,恋人アントニエ・ブレンターノに献呈されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディアベリ変奏曲の関連情報