コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大曲 おおまがり

13件 の用語解説(大曲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大曲
おおまがり

秋田県中南部,大仙市南部の旧市域。横手盆地のほぼ中央にある。1954年大曲町と花館村,内小友村(うちおともむら),藤木村,大川西根村,四ッ屋村の 5村が合体して市制。1955年角間川町を編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおまがり【大曲】[地名]

秋田県中南部にあった市。横手盆地北部の中心で、雄物(おもの)川の米積み出しの河港として発展。古四王(こしおう)神社がある。平成17年(2005)3月に周辺町村と合併し大仙(だいせん)市となった。→大仙

おお‐わだ〔おほ‐〕【大曲】

川や湖などの、大きな入り江。
「ささなみの志賀の―淀むとも昔の人にまたも逢はめやも」〈・三一〉

たい‐きょく【大曲】

規模の大きな楽曲。⇔小曲
雅楽で、規模・格式から大・中・小に分けたうちの最上位の曲。唐楽高麗楽(こまがく)に4曲ずつある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だいきょく【大曲 dà qǔ】

中国の漢代から宋代までの歌舞に用いられた楽曲の形式。一つの楽曲がさまざまな構成要素からなる大型の組曲であるためこの名がある。その詳しい内容や各部分の名称は時代によって変化があり,いろいろな説があるが,現在その音楽が伝わらぬため,具体的にはよくわからない。主に宮廷での宴会に用いられたが,のちには歌舞だけでなく,簡単な物語をも演じるようになった。宋・金・元代の〈雑劇〉に用いた音楽にも大曲に由来するものが少なくない

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおまがり【大曲】

秋田県大仙市の地名。横手盆地の商業中心地。近世、雄物川の河港として発展。

おおわだ【大曲】

川や湖岸の大きく湾曲した入り江。

たいきょく【大曲】

規模の大きな楽曲。
雅楽曲形式の一。序・破・急の各楽章がそろい、編成規模の大きなもの。だいごく。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大曲
おおまがり

秋田県中央部にあった旧市名。現在は大仙(だいせん)市の中南部を占める地域で、横手盆地北部に位置する。旧大曲市は、1954年(昭和29)大曲町と花館(はなだて)、大川西根(おおかわにしね)、内小友(うちおとも)、四ツ屋(よつや)、藤木の5村が合併して市制施行。1955年角間川(かくまがわ)町を編入。2005年(平成17)神岡、西仙北、中仙、協和、仙北、太田の6町および南外(なんがい)村と合併して大仙市となった。大曲の名は中世の郷村名をとっている。JR奥羽本線と国道13号が地域の中心を南北に走り、また田沢湖線の起点であり、国道105号も通じる。1997年田沢湖線、奥羽本線を利用した秋田新幹線が開業、1991年には秋田自動車道が開通し、大曲インターチェンジが設置された。江戸時代は佐竹氏秋田藩領で羽州街道に沿い、中心の大曲には本陣が置かれ、高関下郷(たかぜきしもごう)にも駅場が設けられた。雄物(おもの)川と玉川の合流点であり、奥羽本線が開通するまで角間川は舟運の要津として、仙北地方の米の積出しなどで栄えた。県でも有数の米どころであり、また仙北の商業の中心でもある。古四王(こしおう)神社本殿は1570年(元亀1)飛騨匠(ひだのたくみ)の手になり、国の重要文化財に指定されている。8月には全国花火大会がある。[宮崎禮次郎]
『『大曲市史』2巻(1984、1999・大曲市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大曲の言及

【雅楽】より


[楽曲の構成]
 大陸系雅楽曲には1帖(1楽章)で1曲をなすものと,数帖で1曲をなす多楽章形式のものとがある。また,曲の規模と格とによって〈大曲〉〈中曲〉〈小曲〉といった等級(〈曲品〉という)があり,小曲は多く1帖1曲である。中曲には多楽章形式のものがあり,その基本形式は序・破・急の三部分構成であるが,完備しているもの(例,平調《五常楽》)はまれで,多くは〈破・急〉(壱越調《賀殿》),〈序・破〉(黄鐘調《喜春楽》)のように一部を欠いているか,〈破〉(黄鐘調《西王楽》)または〈急〉(平調《三台塩》)の1帖だけが伝えられている。…

【楽府】より

…また,いつの時代からであるか。 3世紀後半に至り,西晋の宮廷では,先朝の魏の楽歌のうち,相和歌と清調曲・平調曲・瑟(しつ)調曲(清商三調という)をうけ継ぐとともに,別に漢・魏の古曲を拾い上げ,大曲と名づけて,宮廷音楽に編入した。それらの古曲が歌唱されるにつれて,宮廷詩人の傅玄(ふげん)・陸機は,それらを主題にした歌詞を作った。…

※「大曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大曲の関連キーワード夔鳳鏡詩人玉屑知州衛尉石獣知県知府袱紗帯前挽き

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大曲の関連情報