コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオニシウス Dionysius

翻訳|Dionysius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディオニシウス
Dionysius

[生]?
[没]268.12.26. ローマ
教皇(在位 259/260~268),聖人。ローマ帝国による迫害の時代,ほぼ 1年間の空位ののちに登位。教会の再建に尽力。アレクサンドリアの司教ディオニュシオスの説が三神論であるという告発があり,同司教の弁明を求め,260年ローマ教会会議を開いた。この会議はサベリウス派聖子従属説を排斥し,教皇の首位権確立に貢献した。祝日は 12月30日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ディオニシウスの関連キーワードフーゴー(サン・ビクトールのフーゴー)ディオニュシオス・ホ・アレオパギテスディオニシウス・エクシグウスディオニシウス・アレオパギタディオニシウスアレオパギタスコトゥス・エリウゲナフェリクス1世ベルナルドゥスボナベントゥラ復活祭論争スコラ哲学サベリウスローマ教皇プロクロス神秘主義救難聖人紀年法黄金数ソテル西暦

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android