コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディグビー Digby, Sir Kenelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディグビー
Digby, Sir Kenelm

[生]1603.7.11. バッキンガムシャー,ゲーハースト
[没]1665.6.11. ロンドン
イギリスの廷臣,科学者。オックスフォード大学で学んだのち,海外に遊び,1623年マドリードでスペイン訪問中の皇太子チャールズ (のちのチャールズ1世 ) の廷臣となり,帰国。 27~28年私掠船長となってトルコ沖でフランス船を襲撃。旧教徒として王妃ヘンリエッタ・マリアの側近であったため,清教徒革命の際議会の批判を受け,フランスに亡命し,教皇に国王派への援助を画策した。 49年帰国したが追放され,54年許されて帰国。王政復古後,イギリス学士院の評議員。 64年政界を引退してのちは,数学,化学,哲学などの研究に余生をおくった。主著『霊魂の不滅について』 Of the Immortality of Man's Soul (1644) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ディグビーの関連キーワードブリストル(伯・侯家)7月11日回想録

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディグビーの関連情報