コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディグビー Digby, Sir Kenelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディグビー
Digby, Sir Kenelm

[生]1603.7.11. バッキンガムシャー,ゲーハースト
[没]1665.6.11. ロンドン
イギリスの廷臣,科学者。オックスフォード大学で学んだのち,海外に遊び,1623年マドリードでスペイン訪問中の皇太子チャールズ (のちのチャールズ1世 ) の廷臣となり,帰国。 27~28年私掠船長となってトルコ沖でフランス船を襲撃。旧教徒として王妃ヘンリエッタ・マリアの側近であったため,清教徒革命の際議会の批判を受け,フランスに亡命し,教皇に国王派への援助を画策した。 49年帰国したが追放され,54年許されて帰国。王政復古後,イギリス学士院の評議員。 64年政界を引退してのちは,数学,化学,哲学などの研究に余生をおくった。主著『霊魂の不滅について』 Of the Immortality of Man's Soul (1644) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ディグビーの関連キーワードブリストル(伯・侯家)7月11日回想録

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディグビーの関連情報