コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディマーケティング demarketing

2件 の用語解説(ディマーケティングの意味・用語解説を検索)

ブランド用語集の解説

ディマーケティング

ディマーケティングとは製品に対する需要を減退させることを目的としたマーケティングのことをいう。供給能力を超える需要が発生した場合などに用いられる。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーケティング用語集の解説

ディマーケティング

需要を一時的もしくは恒久的に減らすマーケティング手法のこと。
一般的には、需要が旺盛で製品やサービスが対応しきれない場合などに一時的に価格操作をしたり広告を減らすなどの活動を行うマーケティング手法です。しかし、この手法を選択的に使用することにより、意図的に需要をあおることで、ブランドロイヤリティを向上させる戦略をとる場合もあります。

出典|(株)マインズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディマーケティングの関連キーワード最終需要アフターマーケット休養恒久的若しくはグラスマーケット恒久的施設CJKユースマーケット耐糖能

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディマーケティングの関連情報