コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デイオタルス Deiotarus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デイオタルス
Deiotarus

[生]?
[没]前40
小アジアのガラチアの王。ガラチア西部にいたトリストボギイ族の族長。ローマの忠実な同盟者としてミトラダテスと戦い,ポンペイウス (大ポンペイウス) に王の称号を許され,領土も拡大した。内乱期にはポンペイウス,ユリウス・カエサル,M.ブルーツスと支持を変えた。内乱終了後も生涯その王国を保持した。前 45年にはカエサルの暗殺を企てた疑いで告発され,M.キケロの弁護を受けたこともあったが,前 44年カエサルの死で訴えは解消された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android