コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタルテレコン てしたるてれこん,でじたるてれこん

1件 の用語解説(デジタルテレコンの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

デジタルテレコン

 キヤノンのデジタルカメラ、PowerShotシリーズの一部機種に搭載される機能のこと。他メーカーの新しいズーム方式と同じく、撮像素子の中央部を切り出して拡大することにより望遠効果が得られる。操作は、「デジタルテレコン 1.4×」と「デジタルテレコン 2.3X」から選べる。もちろん記録サイズはそれに応じて小さくなる。するたとえば、1,000万画素機のPowerShot G7の場合、ズーム倍率1.4倍で500万画素相当、2.3倍のズーム倍率で200万画素相当の画像サイズとなる。レンズの明るさを落とさずに倍率アップできるので、速めのシャッター速度で手ブレを抑えることができる。 ●類似語 インテリジェントズーム → スマートズーム → セーフティズーム → ファインズームEX光学ズームHDズーム

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタルテレコンの関連キーワードDVカメラデジカメデジタル家電コンパクトデジタルカメラスチールカメラデジタル一眼レフカメラデジタルガジェットデジタル写真デジタルスチールカメラデジタル対応レンズ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone