スマートズーム(読み)すまあとすうむ,すまーとずーむ

カメラマン写真用語辞典の解説

スマートズーム

 ソニーのデジタルカメラ、Cyber-shotシリーズに搭載される機能のこと。最大画像サイズで記録した画像をトリミングしてズームアップ効果を得る、高倍率のズーム機能。画像データそのものを引き伸ばす一般的なデジタルズームとは違い、画質の劣化が最小限に抑えられる。ズーム倍率を上げると、自動的に光学ズームからスマートズームに切り換わる仕組みなので、光学ズームと同感覚で使えるようになっている。スマートズームの倍率は、機種により異なる。たとえば光学12倍ズームのサイバーショットH1の場合、VGAサイズ(640×480)で最大48倍ズームまでのクローズアップとなる。 ●類似語 インテリジェントズームセーフティズームデジタルテレコンファインズームEX光学ズームHDズーム

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android