コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーフティズーム せえふていすうむ,せーふてぃずーむ

カメラマン写真用語辞典の解説

セーフティズーム

 キヤノンのコンパクトデジタルカメラに搭載された機能。 光学ズーム と デジタルズーム をシームレスに連携させると同時に、記録画素から トリミング によって画像劣化のない拡大画像を切り出す工程も採り入れた。有効710万画素以上の高画素機の登場によって可能になったズーム方式である。  具体的に、有効710万画素+光学6倍ズームのパワーショットA710 ISを例にあげて見てみよう。画像サイズの設定を最大画素数の710万画素にすると、光学6倍まで画像劣化のないズームが可能で、そこからは デジタルズーム (最大4倍)によって最大24倍のズームアップ画像が得られるが画質は劣化する。  いっぽう、画像サイズを300万画素に抑えると、光学6倍ズームをすぎてデジタルズーム1.5倍をくわえた、最大9倍のズームアップまで画像劣化のない高画質な写真が写せる、という使い分けができる。仮に VGA (640×480ピクセル)の30万画素相当の画像サイズなら、光学6倍×デジタル4倍の最大24倍まで画像劣化なしに望遠写真が撮れる。 ●類似語 インテリジェントズームスマートズームデジタルテレコンファインズームEX光学ズームHDズーム

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android