コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デステュット・ド・トラシー Antoine Louis Claude,comte Destutt de Tracy

1件 の用語解説(デステュット・ド・トラシーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デステュット・ド・トラシー【Antoine Louis Claude,comte Destutt de Tracy】

1754‐1836
フランスの哲学者。陸軍大佐,三部会の貴族選出議員,総裁政府の文教委員,執政政府上院議員を歴任。ナポレオン失墜後,学士院会員。王政復古期には伯爵に戻った。観念の形成を研究・説明することを唯一の課題とした哲学を提唱し,これに観念学(イデオロジスト)の名称を与えた。主著《観念学の原理》(1801‐15)では,コンディヤックの感覚論を継承しつつも,外界の認識が成立するためには主体の運動が不可欠であることを力説した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のデステュット・ド・トラシーの言及

【イデオロギー】より

…観念形態または意識形態と訳される。
[学説史]
 もともとこの概念は18世紀末から19世紀初頭にかけてベーコン,ロック,なかでもとくにコンディヤックの感覚論の影響の下に,観念や知識の起源と発達を実証的に研究しようとするカバニスデステュット・ド・トラシーなどの〈観念学者たち(イデオロジスト)〉がその学問(観念学idéologie)に付与した名称であった。彼らはこの〈イデオロジー〉をもって正しい人知の開発と社会の変革のための指導要綱としたのであるが,のち政敵となったナポレオンから〈イデオローグ〉,つまり大言壮語する空論家,と蔑称されるにいたって,イデオロギーは多かれ少なかれ現実と遊離し,政治的実践にとって無用の空疎な観念体系,という意味合いを一方でもつようになった。…

【イデオロジスト】より

…観念学派と訳す。命名者はデステュット・ド・トラシー。彼は感覚論の立場をおし進め,観念の感覚的起源,観念の特質,観念と記号との関係などの研究を目的とする新しい哲学を構想し,これをイデオロジーidéologie(観念学)と呼んだ。…

※「デステュット・ド・トラシー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

デステュット・ド・トラシーの関連キーワード最上徳内最上徳内最上徳内郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒化政文化

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone