コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンディヤック Condillac, Etienne Bonnot de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンディヤック
Condillac, Etienne Bonnot de

[生]1715.9.30. グルノーブル
[没]1780.8.3. オルレアン近郊
フランスの哲学者。歴史家,空想的共産主義理論家マブリー・コンディヤックの弟。百科全書派の一人 (→アンシクロペディスト ) 。 18世紀感覚論の代表者。『人間の認識の起源に関する試論』 Essai sur l'origine des connaissances humaines (1746) では J.ロックに従って感覚と反省との二元論を認めていたが,主著『感覚論』 Traité des sensations (54) では感覚一元論になり,意識の内容をすべて「変形された感覚」として,18世紀フランス唯物論の基礎を築いた。デカルトの合理主義には同意したが,その本有観念の理論をはじめ,17世紀の形而上学を排撃した。しかし『体系論』 Traité des systèmes (49) や『論理学』 La logique (80) においては,感覚は事物の現象を知覚するのみでその本質や実体は認識できないとして不可知論的傾向を示している。経済学では,商工業の生産性を主張してフィジオクラシー (重農主義) 批判を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コンディヤック(Étienne Bonnot de Condillac)

[1715~1780]フランス哲学者。ロックの経験論を徹底させた感覚論哲学をうちたてた。著「感覚論」「体系論」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コンディヤック

フランス啓蒙期の哲学者。ディドロ,ルソーらと交遊,ロックの経験論を継承し徹底させた近代感覚論の代表者。著書《人間認識の起源に関する試論》(1746年)《感覚論》(1754年)。
→関連項目デステュット・ド・トラシー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コンディヤック【Étienne Bonnot de Condillac】

1715‐80
フランスの哲学者。法服貴族マブリ子爵を父としてグルノーブルに生まれた。パリで神学を学び,1740年僧職につく。当時まだ無名のディドロ,ルソーたち新時代の知識人と親しく交わった。58年から9年間ルイ15世の孫,大公子フェルディナンの家庭教師としてイタリアのパルマに滞在,のちにその《講義録》(1775)を出版した。67年に帰国,翌年フランス・アカデミーの会員に選ばれた。晩年はボジャンシーの近くの田園に隠棲した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コンディヤック【Étienne Bonnot de Condillac】

1715~1780) フランスの哲学者。ロックより出発し、感覚一元論の立場をとるが、フランス唯物論などにも多大の影響を与えた。著「感覚論」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンディヤック
こんでぃやっく
tienne Bonnet de Condillac
(1715―1780)

フランスの哲学者。9月30日グルノーブルに生まれる。パリで神学を修め、ミュローの修道院長となったが、主としてパリのサロンでディドロやルソーなどの啓蒙(けいもう)思想家と交わり、彼らとの交遊を通して感覚論の哲学を構想した。実際、主著『感覚論』(1754)の有名な「彫像」の比喩(ひゆ)を彼に示唆したのは、サロンの常連フェラン嬢であった。
 最初の著作『人間の認識の起源に関する試論』(1746)はほぼロックの認識論を継承しているが、ことばの果たす役割を強調したところに彼の特色がある。感覚に由来する単純観念はことばと結び付くことによって、初めて他の観念と結び付くことができる、というのである。『体系論』(1749)は人間精神の体系的発展を歴史的に説明することによって、デカルト、スピノザ、ライプニッツらの思弁的形而上(けいじじょう)学に「最後の一撃を食らわせた」。
 1752年ベルリン・アカデミーに迎えられ、1758~1767年パルム公の世継ぎフェルディナントFerdinand de Bourbon(1751―1802)の傅育(ふいく)官を務めた。帰国後1768年アカデミー・フランセーズの会員に選出される。『商業と政治との相関的考察』(1776)で、富はすべて労働に基づくと指摘したことから、彼もまた経済学の父の一人に数えられている。コンディヤックはときおり唯物論者あるいは仮面の無神論者とみなされているが、彼自身は自らキリスト教徒であると信じ、そう述べている。しかし彼が観念学派idologistesの真の創始者であることに異論の余地はない。ほかに『動物論』(1755)、『学習課程』(1775)、遺稿『論理学』(1780)、『計算の言語』(1798)などの著作がある。1780年8月3日没。[坂井昭宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコンディヤックの言及

【感覚論】より

…いっさいの認識は感覚のみに由来すると主張するか,それとも感覚がいっさいの認識の必要,かつ十分な条件であると主張する哲学的立場。sensualisme(感覚論)という用語は19世紀初頭以来,フランスで使われており,フランスの《アカデミー辞典》には,1878年版から採録されている。イギリスでは,sensualistという語は,すでに18世紀以来使用されていたが,この語は語源どおり〈快楽主義的〉〈肉欲主義的〉という軽蔑的意味しかもっていなかった(バークリー《アルシフロン》第2巻,16章)。…

【啓蒙思想】より

…17世紀,18世紀の西欧で近代市民階層の台頭にともなって広くおこなわれ,市民社会形成の推進力となった思想運動の総称。上記の英語名も,ドイツ語のAufklärung,フランス語のlumièresも,いずれも光ないし光によって明るくすることを意味する。〈自然の光〉としての人間生得の〈理性〉に全面的に信頼し訴え,各人があえてみずから理性の力を行使することによって,カントの言い方によれば,〈人間がみずからに負い目ある未成熟状態から脱すること〉へと働きかけ,こうして,理性的自立的な人格の共同体の実現を目指すことにその目標はあったと考えられる。…

【心】より

…知,情,意によって代表される人間の精神作用の総体,もしくはその中心にあるもの。〈精神〉と同義とされることもあるが,精神がロゴス(理性)を体現する高次の心的能力で,個人を超える意味をになうとすれば,〈心〉はパトス(情念)を体現し,より多く個人的・主観的な意味合いをもつ。もともと心という概念は未開社会で霊魂不滅の信仰とむすびついて生まれ,その延長上に,霊魂の本態をめぐるさまざまな宗教的解釈や,霊魂あるいは心が肉体のどこに宿るかといった即物的疑問を呼び起こした。…

※「コンディヤック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンディヤックの関連キーワードルソー(Jean感覚論(コンディヤックの著書)デステュット・ド・トラシー思考能力に及ぼす習慣の影響デスチュット・ド・トラシメーヌ・ド・ビラン感覚論(哲学用語)メーヌ・ド・ビランロアイエ・コラールロアイエ=コラールラロミギエールサン=マルタンイデオロジストエピキュリアン百科全書序論フランス哲学イタリア哲学イデオロギーレスピナス嬢エルベシウス

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android