デチェン(迪慶)チベット(蔵)族自治州(読み)デチェンチベットぞく(英語表記)bde chen; Dêqên Zangzu

  • デチェン(迪慶)チベット(蔵)族〔自治州〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国西南地方,ユンナン (雲南) 省北西部の自治州。行政中心地のあるチョンティエン (中甸) 県など2県と1自治県から成り,1957年自治州となった。ホントワン (横断) 山脈の高山峡谷地帯で,ユンリン (雲嶺) 山脈やシュエシャン (雪山) 山脈の間をメコン川の上流ランツァン (瀾滄) 江やチャン (長) 江の上流チンシャー (金沙) 江が深い峡谷を刻んで流れる。谷底ハダカムギ,春コムギ,トウモロコシ,ジャガイモ,ソバが栽培され,山腹ではヤクヒツジ,ウマ,ウシが放牧される。また麝香や鹿茸,冬虫夏草,バイモなど漢方薬材も多い。水力発電所,農機具工場,皮革工場がある。住民はチベット族のほかリス族,ナシ族,漢族,イ族,パイ族,ヌー族,プミ族など。人口 31万 5316 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android