麝香(読み)じゃこう(英語表記)musk

翻訳|musk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麝香
じゃこう
musk

ヒマラヤ山脈,中国北部の高原地帯に生息するジャコウジカ (あるいはジャコウネコ) の雄の生殖腺分泌体。包皮小嚢状の腺嚢を乾燥した暗褐色粒状物に約1~2%程度含有される。高価な動物性香料。アルコール抽出によりムスクチンキとして高価な幻想香水だけに利用される。近年,希少動物保護の立場から香科用目的の捕獲は制限されており,ほとんど同一の香気を有する合成香料で代用される。芳香成分はムスコン C16H30O である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

麝香【じゃこう】

ムスクとも。ジャコウジカの雄の嚢状の包皮腺分泌物を乾燥した黒褐色の粉末。古来香料,医薬として珍重。雄1頭から約50gが得られる。芳香成分としてムスコンを0.5〜2%含む。ムスコンは化学式C16H3(/0)Oで,大環状ケトン構造をもつ無色の油状液体。現在では麝香類以物質が合成されている。
→関連項目奇応丸香料ジャコウウシ生薬人造麝香反魂丹竜涎香六神丸

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゃこう【麝香 musk】

ムスクともいう。中央アジア,チベット,雲南,アッサム,南シベリアに広く生息するジャコウジカの雄の包皮腺(香囊)に蓄積される有香物質。古来代表的動物性香料として珍重された。10歳程度の雄1匹から約50gの麝香が得られる。チベット産の麝香が品質的に最も優れており,トンキン(東京)市場で取引されるため東京麝香として知られている。雲南麝香も有名である。乾燥した香囊中には暗褐色ないし黒褐色の粉末として存在する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゃこう【麝香】

ジャコウジカの雄の麝香腺分泌物を乾燥したもの。紫褐色を帯びた粉末で、特異な香気がある。香料とするほか、漢方で強心・鎮痙・解毒薬などに用いられるが、ワシントン条約による規制をうける。また、広義には、麝香と同種の香気を示す物質を指す。ムスク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麝香の関連情報