コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デニス・リッチー でにすりっちー

1件 の用語解説(デニス・リッチーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デニス・リッチー

C言語の開発者で、UNIXの共同開発者。1941年生まれ。ハーバード大学を卒業後、AT&Tベル研究所に所属。ベル研究所で産学一体のMULTICSプロジェクトにかかわり、コンパイラーの開発を行っていた。MULTICSプロジェクトが中止になると、ケン・トンプソン氏が行っていたUNIXの開発に協力する。このとき、BCPL言語を単純化したB言語を開発し、UNIXを開発する上での標準言語とした。その後、開発者の意見を取り入れてB言語を改良し、C言語を開発する。1974年にUNIXがC言語に書き換えられると、移植性の優れたOSとして広く受け入れられた。また、C言語は、今日ではパソコン汎用コンピューター、スーパーコンピューターなど、多くのコンピューターの主要言語としての地位を確立し、C++やJAVAを生み出した。1983年、ケン・トンプソン氏とともにチューリング賞を受賞している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デニス・リッチーの関連キーワードコメントC言語デベロッパーPrologリナックス等価交換方式オーク世界銀行・IMF合同開発委員会谷口直吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone