コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デパ地下 デパチカ

4件 の用語解説(デパ地下の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

デパ‐ちか【デパ地下】

《「デパ」は「デパート」の略》デパートの地下売り場のこと。特に、地下食品売り場のこと。→噴水効果

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

デパちか【デパ地下】

俗に、デパートの地下食品売り場のこと。デパチカ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デパ地下
でぱちか

百貨店(デパートメント・ストア)の地下売場を略したことば。多くのデパートの地階は食品売場であることから、百貨店の地下食品売場をさす。地下食(ちかしょく)ともよばれる。生鮮食品や加工食品、パン、和洋菓子、チーズ、総菜、弁当、酒類などが販売されている。
 1990年代後半から俗称として使われるようになり、渋谷(東京都)にある東急百貨店東横店地階食品フロアが改装され、2000年(平成12)に誕生した「東急フードショー」が雑誌などに取り上げられて一般に広まるきっかけになったとされる。食品は百貨店の取扱い商品のなかでは利益率の低いものであるが、売上高全体に占める割合は年々高まり、経営上の重要性も増している。さらに、近年では毎日の食材や総菜をはじめ、全国各地の郷土食や名産品、人気の高級菓子などを集め、百貨店の個性化、差別化に一役買っている。また、デパ地下の機能を独立させて出店する百貨店もみられる。
 地階に食品売場が設けられる理由としては、冷蔵施設、水道、ガスなどの配管設置面での合理性や、においや水が漏れても他のフロアに影響しないこと、地下駐車場から頻繁に行われる商品の搬出入の容易さなどがあげられる。また、買い物客の多くは上層階で買い物をして帰りぎわに食品売り場を訪れるため、出口に近い地階のほうが便がよく、また、地下鉄からの入店客や、食料品目当ての来店客にとっても、上層階にあるよりも地階のほうが利便性が高いためとされる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デパ地下の関連情報