コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デプスゲージ デプスゲージ depth gauge

翻訳|depth gauge

1件 の用語解説(デプスゲージの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デプスゲージ
デプスゲージ
depth gauge

深さゲージともいう。穴や溝の深さ,あるいは面上に突出した部分の高さなどを求める測定器具。ノギスに似た形状をしており,本尺およびバーニヤ (副尺) の測定面をそれぞれ穴や溝底と基準の面に当て,バーニヤによって通常 0.02mmまたは 0.05mmまで読取る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデプスゲージの言及

【液位計】より

…タンク内の液体の体積の測定を目的とする場合と単に液面の高さやタンク内の液体の貯蔵量の多少を測る場合があり,前者の目的に対しては液面の高さと体積の関係が校正によってあらかじめわかっていなければならない。液面の検出方法としてもっとも基本的な方法は,タンク上部の固定点からスケール(ものさし)をおろし先端が液面にふれたときのスケールの読みから液面の高さを求めるポイントゲージ,フックゲージ,ワイヤに重りをつけてタンク底部までおろし,ひきあげた後に液体にふれた部分の長さを読むデプスゲージがある。またタンクの底部に取り付けた連通管を通して外部の透明管に液体を導き,側壁に取り付けたスケールにより液面を読むゲージグラスがある。…

【ノギス】より

…本尺目盛とバーニヤ目盛を組み合わせ,本尺目盛の読取りを正確にした構造の測長器には,ノギス,ハイトゲージ,デプスゲージなどがある。ノギスはフランス人ベルニエPierre Vernier(1580‐1637)によって発明された。…

※「デプスゲージ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デプスゲージの関連キーワードブランディング戦略の深さ深さゲージ積雪心の丈高さゲージ深さ川の深さは漸深海帯ヘミアビサイトすきまゲージ(隙間ゲージ)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone